賃貸マンションの耐震性というものはとても高いですが、その中でもさらに地震に強い所があるのです。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸マンションの耐震性というものは

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
賃貸マンションというものは、基本的に地震に強いです。日本の建築基準法の最低限の基準ですら、相当な耐震性があります。日本はとても地震が多い国ですから、それに備えているわけです。しかし、さらに地震に強いところはあります。それを売りにしているところがあるのです。マンションというものは、間違いなく鉄筋コンクリートで作られています。これはそうしないと自重に耐えることができないからです。それでもコンクリートの質や厚さというものは違うものです。鉄筋を覆うコンクリートの厚みのことをかぶり厚というのですが、これが地震に対してとても重要なことになります。賃貸マンションを借りるときにはかぶり厚がどのくらいなのか、基準より優れているのか、ということを聞いてみることです。キチンと教えてくれることです。

また、不恰好になりますが、外側からさらに支えのようなもので補強していることがあります。これは地震の揺れを逃がすためにあるのですが、見た目は悪いですが、安全性は高くなります。住むところですから、見た目よりも安全性を重視して、そうした補強をしているところにするべきです。それが身の安全のためなのです。賃貸であっても住むことには違いはないのです。

注目情報