賃貸のライバルは持ち家です。賃貸のメリットを最大限に活かし、持ち家に負けないようにしましょう。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸のライバルとそれに勝つためにメリットを活かそう

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
持ち家を持つということは賃貸暮らしをしている人にとって大きな夢であることが多いです。もちろん中にはずっと賃貸でもいいという人もいますが、持ち家の方がいいというのが一般的な考え方になっているのもまた事実です。世の中が持ち家であることを羨ましがる傾向にあるということは、賃貸経営者にとっての『ライバル』あるいは『商売敵』は持ち家とも言えます。

持ち家が増えればそれだけ賃貸を借りる人は少なくなってきます。世の中の人が全て持ち家ということはあり得ませんが、それでも持ち家率が増えるということはそれだけ賃貸率が下がることを意味します。仕事を探し地方を飛び出す人や転勤など、どうしても賃貸が必要な人もいる以上、賃貸が必要なくなることはありません。しかし、そういう状況の上に胡坐をかいていては、持ち家に負けてしまいます。

では、一体どうすれば賃貸は持ち家に負けずに済むのか?その答えは賃貸経営者の方が一番知っているのではないでしょうか。それはつまり賃貸のメリットを最大限活かし、持ち家の欠点を利用することです。賃貸のメリットは家賃以外のお金がかからないことなどですが、持ち家の欠点はその逆に家賃以外でもお金がかかることです。固定資産税などがその最たるものですが、そこを利用するということはつまり、極力金銭面で借りる人に負担をかけないようにするということになります。賃貸の方がお金がかからないことを最大限アピールし、利用者を増やしましょう。

注目情報