賃貸物件は、住む人の生活にあわせて身軽に動くことができる自由と、住宅ローン等の責任が不要な点がメリットです。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸物件に住むことのメリット

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
賃貸物件のメリットとして、身軽さがあげられます。人生の中では、結婚や転職、転勤、学校の卒業等、そのときどきによって生活の中心エリアが移動することがあります。住まいを購入している場合には、その場所から移動するには、手続きの面等から、負担が大きいものですが、賃貸物件に住んでいる場合は、それにあわせて引っ越すことも簡単です。特に転勤が多い会社に勤務している人は、不動産購入を決断するのは、大変です。住んでみたら、ご近所の様子や、住まいの環境が希望と違っていた場合も、引っ越すことができるので、リスクが少ないことも良さのひとつです。

また、建物の傷みや、劣化がみつかったときに、基本的に自分が直接破損したものでなければ、責任が自らにすべてかかることがないのも、メリットです。分譲マンションでも、修繕積立金や、管理費を払っていれば、管理会社が建物の管理はしてくれますが、管理の金額負担の面で賃貸と差があります。賃貸物件の場合、入居の際に渡した敷金でまかなわれたり、管理費や共益費を払っているケースでも、金額が抑えめであることがほとんどです。かわりに分譲マンションの場合は、将来的な修繕に備えて、賃貸物件よりは、高い管理費のところが多いでしょう。

入室や退去に対して悩むような束縛があまりなく、賃貸ですと、住宅ローンを抱えるといったこともないので、気持ちの負担も軽くなります。そのように気持ちの面での自由さや、負担の軽さが魅力です。賃貸物件は、住まいに振り回されるのではなく、自分達の生活や価値観にあわせて、住まいをそのときどきで選んで暮らしていくことができるのです。