無職やフリーターが賃貸物件に申込むと審査が気になりますが、無職なので絶対に借りれないというわけではありません。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

無職やフリーターでも住める賃貸物件

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
最近、フリーターや在宅ワークの仕事をしている方が増えています。このような方が賃貸物件を探す時に気になるのが、入居審査です。雇用形態や保証人で判断する大家さんが多いので、正社員じゃないと入居できない感じもしますが、最近は、フリーターでも入居できる賃貸物件が増えています。大体、賃貸物件の入居審査は3日から1週間ぐらいです。また、無職でも部屋を借りれないことはありません。親が保証人で安定的な収入のある場合は、審査が通る場合もあります。職探しをしている方もいるわけで、無職やフリーターでも入居できる賃貸物件を探してくれる不動産屋もあります。

ただ、無職やフリーターが今、人気のタワーマンションや高級賃貸マンションに申込んでも審査が通らない場合がほとんどで、物件にもよります。毎月の賃料が2〜3万円のアパートやマンションなら入居できる確率も高くなるので、まずは、賃料の安い物件に申込んでみるのもお勧めです。賃料が2〜3万円でも、エアコン付きやバストイレ別の物件も多いので、快適に暮らせます。あと、最近、在宅で仕事をしている方も増えていますが、納税証明書があると契約してくれる大家さんも多いようですが、もちろん、必ず審査が通るわけではないので、大家さん次第になります。

注目情報