ひとり暮らしを始めるために賃貸物件を探す場合、必ずおさえておきたいポイントがいくつかあります。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

ひとり暮らしをはじめる際の賃貸物件のチェックポイント

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
はじめてのひとり暮らしで賃貸物件を探す場合、何を基準にして探せばいいか迷う人も多いかと思われます。そこで最低限これだけはおさえておきたいというポイントをいくつか挙げてみたいと思います。最初にチェックすべきは部屋の位置です。騒音や害虫を避けて防犯面にも気をつけようと思えば一階は避けてなるべく上の階を選んだ方が良いでしょう。できることならば角部屋を確保してください。隣部屋に面する壁が片方しかないので気になる隣人の生活音も半減しますし、窓が多くて日当たりが良い点も見逃せません。

スーパーやコンビニはなるべく近い方が便利ですが、マンションの1階にあるような所は避けた方が無難でしょう。騒音も気になりますし、ゴキブリなどの発生の原因となります。また、ゴミ捨て場などの共用部分は必ずチェックしましょう。この部分が汚れていたり、荒されてたりする場合は住人の質が悪いか管理が十分行き届いていない可能性が高いです。

部屋の中はまず、十分な大きさの調理場があるかが大切なポイントです。ひとり暮らしには自炊はかかせません。外食ばかりでは体に悪く、食費も無駄に消費してしまうことになります。ガスはプロパンより料金の安い都市ガスの所がよいでしょう。IHも悪くありませんが、調理の際、火力にこだわるならガスコンロが設置されている部屋がベストです。ネットを使うなら光ファイバーがついているかのチェックもかかせません。ブレイカーのアンペア数は最低でも20A以上の物件を選んでください。あまり値が低いと電子レンジを使用しただけでブレイカーが落ちてしまう可能性があります。