住まい選びは慎重に行いたいものです。気に入った賃貸物件であれば、契約を前提に見学するのも交渉しやすいです。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸住まいの契約は慎重に

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
住まい選びは慎重に、楽しみながら、条件にあった物件を探していきます。事前にネットで気に入った部屋をみつけたら、不動産会社にメールや電話で問い合わせをして、賃貸物件の見学に行ってみます。部屋の様子を確認して、駅までの道のりや、周辺の建物や環境なども実際に目で確かめた上で、住みたいと思ったら、不動産会社に連絡をします。見学したその日に、その場で即決でも構いませんが、一度家に持ち帰って、ほかと比較したりするのも、冷静な判断につながる可能性があります。万が一、見学に行ったものの、気に入らなかった場合は、なぜその物件では不足なのかを、担当してくれた不動産の営業に、しっかり伝えることです。

気に入らない理由が、なんとなくでは、ほかにも良い物件があったとしても、営業としても物件のチョイスに迷うのです。賃貸物件には、毎月支払う家賃があり、自分決めた予算の上限があるため、パーフェクトな条件提示ではなく、譲れない条件を伝えることも必要です。入居希望者の条件がわかれば、不動産会社の営業マンも、条件に近い賃貸物件を勧めやすくなります。気に入った物件であれば、契約することを前提として、家賃などの交渉をするケースもあります。

注目情報