30代でマイホームを購入するか、このまま賃貸住宅で住み続けるかを悩みました。どちらもよい点があります。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸住宅で住み続けるかの悩み

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
結婚したのは20代です。30代半ばになると貯金も貯まってきて、これからの住まいをどうするかと迷う時期です。住宅ローンを組むなら若いうちが有利です。夫婦だけなら狭い家でも良いのですが、子供が生まれたらある程度広い家が便利で住み心地がいいと、私たちは一戸建てを購入することに決めたのです。一戸建てでなくても広い分譲マンションはありますし、広い賃貸住宅もあります。いずれにしても家族の人数が多ければ多いほど広いスペースが必要になるのです。

同年代の世帯は分譲マンションに住んでいるケースも多いです。私たち夫婦は転勤がない職場なので一戸建てを購入しましたが、転勤が多い仕事に就いている人は売却しやすい便利な立地の分譲マンションを購入していることがほとんどです。そして、賃貸住宅を選んだ人もいます。なによりいつ転勤になってもいので気軽だといいます。そして転勤じゃなくても、たまに気分を変えるために住まいを変えたいという人もおり、そのような場合は定期的に移り住んでいるのです。最近ではデザイナーが監修したというオシャレな賃貸住宅もあります。どのような住まいもそれぞれメリットがあり、どれが一番良いとは言えないようです。

注目情報