ネットで住みたい賃貸を見つけたなら、不動産屋に連絡をすればその賃貸か、その条件に近い物件を紹介してくれます。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸探しで欠かせない不動産屋

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
普段よく街で見かける不動産屋ですが、多くの人が不動産屋を実際に利用するのは、たぶん初めて賃貸物件を借りるときだと思います。土地やマンションなどの不動産を沢山持っている人なら別ですが、一般的には不動産屋というのは、あまり縁がないものです。しかし、賃貸を探したり住むことになると、切っても切り離せない関係になります。多くの人が初めて不動産屋にコンタクトを取るのが、ネットで見た賃貸物件についての問い合わせの電話をするときです。不動産屋の担当者に、ネットに掲載されている物件がまだ入居者を募集しているかどうか、募集しているなら内覧したいという希望を伝えます。もしすでに入居者が決まっていたなら、その賃貸物件の条件に近い他の物件を紹介してもらえないか聞くと、それに近い物件を探して折り返し電話をしてくれます。

不動産屋は入居者を取ることで仲介手数料(報酬金)を貰って利益を得ているので、一つでも多くの部屋を埋めたくて必死です。従って営業電話がしつこいこともあります。夏頃の閑散期は特にそうです。営業がしつこい不動産屋が悪いというわけではありませんが、セールストークを真に受けて当初の自分の希望とはまったく違う物件を借りてしまわないように注意することが大事です。

注目情報