賃貸マンションを借りる時には火災保険への加入を義務づけているケースがほとんどで、火災保険料の支払いが必要です。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸で必要な火災保険

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
賃貸マンションや賃貸アパートを借りる時に必要な初期費用の中に「火災保険料」というのがあります。火災保険料は、どの賃貸物件を借りるときにも必要なものです。火災保険料は、万が一住んでいるマンションの一室でボヤ騒ぎがあって消防車の放水で自分の部屋も水浸しになってしまったり、火災で半焼、全焼してしまったりした場合に備えて入る保険です。賃貸物件というのは、もともとは大家さんの財産です。その大家さんの大事な財産に対してかける保険です。初期費用で支払う火災保険料は、一人暮らしで借りる賃貸マンションなら、15,000円くらいが相場です。15,000円は、賃貸契約が満期になる2年間有効になります。2年後の契約更新のときに、再び火災保険を新たに結んで、保険料15,000円を支払う必要があります。

火災保険は必ず入らなければなりませんが、任意で加入できるのが地震保険です。地震保険は地震や津波による損失をカバーしてくれる保険です。火災保険と地震保険はセットになっていて、地震保険だけ加入することはできないのが普通です。地震で火災が起きた場合、火災保険は適用されないので、万が一の時を考えるなら入っておくと安心です。