賃貸住宅のどこの階に住みたいと思いますか。階に分けてメリットとデメリットを挙げてみました。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸住宅のどこの階に住みたいと思いますか?

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
賃貸を借りるときって人によっていろいろな条件がありますよね。例えば、部屋の広さとか、日当たりのよさとか、騒音対策ができているかなどです。その中でもどの階に住むかというのは重要な選択になるのではないかと思います。特に都心に住む場合はその分階によって全く違う環境になることもありますね。

1階のメリットと言えば、すぐに家に入れること、周囲の目があるので空き巣に入られにくいこと、庭付きのマンションならば家庭菜園などもできることなどが挙げられます。夏は上階に比べて暑くならないところもいいところかもしれません。ですが、日が入りにくいので、冬は洗濯物が乾きにくいことや、周囲から見えやすいことが挙げられます。2階以上の部屋では日当たりが良くなり、風も入りやすくなりますね。ですが、階が高くなると外に出るのに時間がかかるので、出入りするのが億劫になるかもしれません。最上階のいいところは、上からの騒音が聞こえないこと、周囲の見晴がいいことが挙げられます。立地によっては花火もきれいに見えるかもしれません。ですが、他の階に住むよりも家賃が高いことが多いですし、夏場は部屋が非常に暑くなります。

一長一短だと思いますが、自分の条件や好みにあったマンションの部屋を見つけて、快適に生活したいですね。

注目情報