賃貸物件では、壁の材質や汚れの種類ごとに適切な掃除方法を選び、退去の時まできれいに保ちたいところです。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸物件の壁は材質などで掃除を変える

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
壁の汚れは、材質や汚れの種類で掃除方法を変えると結構落ちるものです。賃貸物件では、壁を退去の時までなるべくきれいにしておきたいところです。汚れが気になったらすぐに掃除をすると、落とせる確率が高くなります。

汚れには黄ばみや黒ずみなど、様々なタイプがあります。おなじ黒ずみでも、ホコリがたまったものとペンやマジックがついてしまったものでは、使う洗剤や落とし方も違ってきます。壁の種類にも気を付けなくてはなりません。ビニールクロスなら水で濡らすのもOKですが、布クロスで水気は使わない方が良いです。ただ賃貸だと、ビニールクロスの物件が多いのではないでしょうか。ビニールクロスなら、水拭きしたり洗剤を使って汚れを落とすこともできます。一番汚れを落としやすい材質かもしれません。

古い一戸建ての賃貸物件だと、砂壁のこともあります。砂壁は、強くこするとボロボロ落ちてきます。以前私も、砂壁の家に住んでいました。古くなった砂壁は、何もしていなくても時々砂が落ちてきます。汚れを取るには羽ぼうきなどで、やさしくなでるように掃除していました。砂壁はむしろあまり触らない方が、きれいな気もします。どんな材質にしても、賃貸物件では壁をなるべく傷つけないように、適切な方法で汚れを落とすのがベストです。

注目情報