賃貸と持ち家のどちらがよいかは、お金のことだけでは決められません。家族の生活スタイルに合わせて決めるべきです。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸かマンションかは、家族の生活スタイルで決めるべきです

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
時々思う事があります。このまま賃貸物件に住み続けていたら、いったいどれだけ家賃を払わなければならないのだろうか、と。月7万円として、年間84万円、30年住めば、2520万円になります。これはすごい額です。そんな時、家やマンションを買ったほうがお得なんじゃないかと思う時があります。月7万円でローンを組んで30年経てば、その家やマンションは自分のものになる、と思うと、とても安心ですよね。老後はもうローンも終わっているので、家賃もローンも払わず住み続けることができるなんて、とっても素敵なことです。

しかし、ローンが終わったとしても、当然30年も住み続ければ修繕費用もかかりますし、リフォームもしなければなりません。固定資産税はそのまま払い続けることになります。そうなると、結局家やマンションを購入したとしても、同じくらいお金がかかるという計算になってしまうのです。持ち家がよいのか賃貸がよいのかということは結局お金がどれだけかかるかということだけでは決められないのだと思います。

それぞれの家族の生活スタイルによって、どちらがよいかは変わってくるので、自分がこちらがいいから、他人もそうだという風に決めつけられないです。あくまでも自分の家族にとって一番よいのが何なのか考えてから、賃貸にするか持ち家にするか決めるのがよいでしょう。