賃貸住宅を探すときは、まず予算を決め、条件を絞り込み、それから物件の状態と周辺の環境をチェックします。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

失敗しない賃貸物件の探し方

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
賃貸アパートやマンションを探すとき、漠然とした希望はいろいろあるでしょうが、まず決めておきたいのは予算です。常識的には、月収の3分の1が家賃の上限と言われています。この家賃には共益費などを含みます。予算が決まったら、立地条件や間取りなどの希望を書き並べ、優先順位をつけます。順位の低い条件は、ある程度まで妥協して諦めることも必要です。

物件そのもののチェックポイントとしては、窓の向き・部屋の位置(最上階や角部屋かどうか)・収納の広さ・キッチンの設備・バスやトイレの設備・インターネットやCATVの設備などが挙げられます。また共用部分に大量の私物が置かれていたり、ゴミ捨て場が汚かったりする物件には、問題のある人が住んでいる可能性が高いと言えます。理由もなく空室が多い物件も、基本的には要注意です。

周辺の環境もよく調べておきましょう。スーパーマーケットやコンビニが近くにあれば便利ですが、建物の1階にあると害虫が多かったり、深夜に若者が騒いだりするおそれもあります。できるなら平日・休日・夜と、時間帯を変えて何度か物件を見に行くと良いでしょう。そうすることで近隣の交通事情や騒音・悪臭などについて、より詳しく知ることができます。