賃貸を退去する際には、原状回復が基本となります。日頃から気をつけて生活をするだけで、退去が楽になります。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸を退去する場合には。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
賃貸アパートやマンションを退去し、新たに引っ越しをする際に頭を悩ませるのが敷金の返還があるのかということです。長年生活をしていくと、どうしても家具などに擦れて壁紙が変色したり、何かに引っ掛けて穴が開いたりとかはあることも多いですよね。引き渡しをする際には、原状回復の義務が私達にはありますから、入った時と同じ様な状態に戻さなくてはなりません。不動産屋を経営している友人の話では、タバコのヤニなどでの壁紙の変色は、住人の過失になりますから敷金の全額返金は難しいかもしれません。しかし、家具などの経年による傷の場合は、交渉の価値があると言います。

もちろん、故意に付けたものならば無理な話ですから、そこは真摯に受け止めましょう。後は、カビなどでクロスが汚れてしまった場合も、住人の過失になりやすいので、普段から結露などに注意をしておきましょう。退去する際には、時間の許す限り、掃除はしっかりしておきましょう。特に水回りが綺麗だと評価が高いように思います。前の住人によるものなどがあった場合には、入居時に申告するのがベストなのですが、ダメ元で伝えてみるのも良いかもしれませんね。日頃から綺麗に住んでいるだけで、退去する時にも楽になりますから意識して生活をしていきましょう。