賃貸と持ち家の最大の違いは税金や維持費を自分で払うのか、もしくは賃料として払うのかという点です。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸と持ち家の最大の違い

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
賃貸を借り続けていると、毎月賃料を払い続けていて高い更新料も払っているのに一生自分のものにはならないことに不安を感じて、持ち家に憧れるものです。今はアベノミクス効果によって持ち家需要はどんどん高まり、家はどんどん建てられていますし、買うなら今?と迷うことも多いと思います。

ただし、ちょっと待ってください。自分の家は憧れかもしれませんが、様々な知らなかったことも出てくることでしょう。そして後からやっぱり買わなきゃ良かったと思わないためにも、色々な知識をつけて、様々な物件を見るとよいでしょう。

まず賃貸と持ち家の最大の違いは、その家の持ち主か、そうでないかという点です。持ち主であると、固定資産税がかかります。そしてその物件を維持して行くためのお金がかかります。そして近所の方との付き合い方も大きく変わってくることでしょう。そして持ち家はなかなかすぐには引っ越せません。もし売却、となった場合、その資産価値は購入した当時より低くなることを覚えておきましょう。土地代はあまり変わらないかもしれませんが、築年数によって建物の価値はどんどん低くなります。特に分譲マンションは購入時いろいろあった施設が廃止になると価値が大きく落ちることがあります。気をつけましょう。