賃貸を借りる際には、自分の希望や譲れないことをしっかり考えてから探すとブレずに選べますよ。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。

CONTENTS

賃貸選びで譲れないこと。

賃貸でいろんなお部屋の良さを体験することができます。
我が家は、賃貸アパートを決める際の決定権が私にあります。主人曰く、家にいる時間が長い人が快適に住めるという部屋を選ぶべきだと言うのです。その考えは素敵だと思いますし、決定権が私なので揉めないで済むので有り難いと感じています。今まで、何度か住み替えてきましたが、わたしがどうしても譲れないことは、間取りの形なのです。子供が小さいうちには、まだ部屋を与える必要がありませんから、出来る限りリビングの横に和室や洋室があること。ドアや襖を開けておけばリビングがより広く感じますから。

そして、玄関の広さ。玄関が狭いのがどうしても許せないのです。シューズクローゼットがあるのは当たり前なのですが、玄関が三角形などの家は申し訳ないけれど住みたくないのです。そして、キッチンのある位置なのですが、玄関から遠くにあること。対面式であれば尚良いのですが、家賃的に無理な場合は、なるべく玄関から遠い部屋を選んでいます。これは、あくまで私の主観なのですが、賃貸を借りる際には、どうしても譲れない事を3個用意しておくと、自分の希望がブレずに済みますよ。それ以外には妥協できる気持ちも大事です。お部屋探しを始める前には、自分の絶対条件を見付けておくことをオススメします。

注目情報